英語で一流を育てるには、小さいうちからまずこの道具を使うことをオススメします!

英語で一流を育てるには、小さいうちからまずこの道具を使うことをオススメします!


こんなことあったらいいですよね

  • 子供がたった35日で天才バイリンガルに!!
  • 35日で英語を話せるようになる!
  • 1日7分をたったの35日、わが子に驚きの変化が
  • 35日間でバイリンガルになる!

こんな悩みはありませんか?

  • 毎日アホな動画ばかり見ていて注意したり勉強しろといっても伝わるわけもなく、なにか新しい楽しみ方を覚えてくれないかな。
  • 将来のために少しでも英語に触れさせておきたい
  • 単語をポツポツいうのではなく会話ができるようになってほしい
  • 親が付きっ切りにならなくても、子供だけで時間を過ごせる方法がなにかないか?
  • ぼけっーと動画を見続ける我が子が心配

その悩みを放っておくとこんなことになるかもしれません。

  • 我が子がユーチューバーに夢中になっている間に立派なバカになってしまう。
  • もともと勉強嫌いなので、中学校で本格的に英語が始まっても、普通のままだと好きになれない。
  • 毎日ゲームばかりで、中学校に入っても全然勉強しない
  • 英語は楽しくない!と嫌がる
  • 無理やり英語を覚えさせようとしても、子供は反発して英語が嫌いになるかもしれません

その悩みが解決するとこんないいことが!

  • バイリンガルになる可能性があるので、海外で就職できるかも
  • 子供だけでも英語に親しんでくれます
  • バイリンガルの子は好奇心が旺盛になっていくので、スマホゲームばかりでなく興味が多岐にわたる
  • 家族が英語を身近に感じられるようになります
  • 英語のできる友達と比べてへこむ必要がなくなって、親子ともどもストレスが減った

 

デメリットももちろんありますが、メリットもあります!

  • 7歳以上の子どもになってしまうから覚えられるかわからない⇒すべての子供は「英語の才能」を持っているので大丈夫。
  • 教室のように友達を作ることはできない⇒ペンが喋りだすので、子供の好奇心を刺激し、遊び感覚で英語が身につく
  • 英会話教室のように責任を持って教える講師がいない⇒興味を持てば自分から進んで英語を学習する
  • ペンと絵本の操作に慣れるまで親の手助けが必要だけど、慣れれば自主的にどんどん遊ぶようび使いようになる。
  • 飽きっぽい子だからすぐに飽きてしまう⇒楽しんで学び続けられるよう「しちだの魔法ペン」の35日世界旅行ストーリーは大人でも楽しめる物語なので飽きることなく続けられる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

page top